箱の家

2012.03.26 / 

下諏訪町O邸

終盤の内部仕上工事も終わりました。

4月上旬にお引渡しとなります。

 

難波和彦+界工作舎 「箱の家」シリーズ

同じ長さの梁や柱を用いて部材の無駄を省き、

室内は基本的に大きな一室空間が印象的です。

大きなガラス窓は冬には太陽光を通して蓄熱し、夏には遮熱をし、

高断熱によって外気温の影響を減らして、高気密で空調した室内の空気を逃さず
ユニット化によるローコストで高性能な箱の家は、1年中快適な住環境が得られます。