金環日食

2012.05.21 / 



金環日食 金環日食

こんにちは。

清里は朝から良い天気です。

今朝、子供の通う学校では親子で金環日食を見る行事がありました。

(登校中に太陽を見て歩くのは事故の元という考えで逆に登校時間を遅らせる

学校もあるようです)

金環日食の始まった時の、太陽の形が変わり進む様子に感動しました。

太陽の中心部が月に隠された金環日食が午前7時31分から約4分間ほど

うっすら暗くなり これまた!不思議な感動の瞬間でした。

 子供たちからも 「すごい!きれい!指輪みたい!」と歓声がわいていました。

神秘的な天体観測を機会に、天体を学び興味を持つ子どもも、

多くなったのではないでしょか。

 

今回の金環日食は本州では129年ぶり、

そして山梨では173年ぶりということです。

日本で次に見られるのは

18年後の北海道。

29年後の東海・近畿地方。
山梨で次に見ようとしたら300年後らしいです。

山梨からは事実上もう見ることは出来ないですね!

思ったこと…

今日はみんなが同じ空を見ている。
見ている空は一つ。
みんなで力を合わせて・・やればきっとできる。
ちゃんと一つになれる力を、本当は誰でが持っていると。。。